メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment

検証・五輪1年前/2 大規模交通規制 一般道混雑、どう緩和

 東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都などは、本番の混雑緩和に向けた大規模実証実験を行い、交通量を抑制、分散する交通需要マネジメント(TDM)に取り組む。開幕1年前の24日は首都高速などで交通規制を試行。時差出勤や在宅勤務などのテレワークも推進して一定の効果が確認できた半面、課題も見えてきた。9月6日までを集中実施期間とし、その効果を検証する。

この記事は有料記事です。

残り2460文字(全文2636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  4. 広島原爆アーカイブ 被爆3日後の少女「73年前の母だ」 毎日新聞記者撮影、長男が名乗り

  5. 岐阜信用金庫理事、ひき逃げ容疑で逮捕 帰宅の途中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです