メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

ハンセン病家族訴訟 原告側勝訴 社会全体が問われている=山本有紀(東京社会部)

国が控訴を断念したことを受けての記者会見を終え、紙を掲げる林力さん(右から2人目)ら家族訴訟の原告たち=東京都千代田区の衆院第1議員会館で9日、小川昌宏撮影

 ハンセン病隔離政策で元患者とともに差別被害を受けたとして家族561人が国家賠償を求めた訴訟で、熊本地裁は原告側勝訴の判決を言い渡した(6月28日)。被告の国は、元患者による国賠訴訟の判決(2001年5月、熊本地裁)と同様に控訴をしなかった。国策が生んだ被害はあまりにも広範囲で甚大だが、社会はどう向き合っていくべきなのか。今回の判決確定を機に考えたい。

この記事は有料記事です。

残り1834文字(全文2011文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅語を考える 国語学者・金田一秀穂さんが読む首相の「姑息な言葉」 すり替えと浅薄、政策にも

  2. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  3. はやぶさ2カプセルを回収 地球帰還、豪砂漠に着地 JAXA発表

  4. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  5. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです