メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

プラごみと割りばしと捕鯨=吉見宏・北海道大大学院教授

 大阪で開催された今年の主要20カ国・地域(G20)首脳会議。毎日新聞の6月27日朝刊は「海洋プラごみゼロ」を見出しに日本の提案を報じ、閉幕にあたっては、30日の社説でG20の成果としてこれを評価した。

 プラスチックごみによる海洋汚染と生態系への影響が世界的な重要課題になっている。今や、使い捨てのプラスチック製品に対する視線は厳しい。私が参加したニュージーランドでの学会の懇親会では、木製の使い捨てナイフとフォークが用意され、往復のニュージーランド航空機内では木製の柄の歯ブラシが提供された。

 ここで二つ疑問が生じる。その一つは、かつて諸外国から日本の割りばしが批判されたことである。その後、…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文804文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 半グレ集団「モロッコ」幹部を風営法と労基法違反容疑で逮捕 深夜に少女働かせた疑い 大阪府警

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです