メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

IT企業の国防を巡る確執=パロアルトインサイトCEO・石角友愛

 米ペイパル創業者で、フェイスブックの取締役も務めるシリコンバレーの著名投資家ピーター・ティール氏は政治的な発言も積極的に行い、2016年の米大統領選ではトランプ氏を支持したことで知られている。

 そのティール氏が先日、ある会合の基調講演で「グーグルは中国で人工知能(AI)を開発して中国政府のスパイ活動に協力をしているので、連邦捜査局(FBI)や中央情報局(CIA)は調査をすべきだ」という趣旨の発言をしたことが話題になっている。トランプ大統領もその発言を基に、グーグルへの調査を開始すると宣言した。

 グーグルは昨年、米国防総省にAIを提供しないことを決めたばかり。画像認識などの技術が武器に使われるとして、3000人以上の社員が署名運動を起こしたためだ。ティール氏の発言もあり、元国防長官のカーター氏も22日、「グーグルは自国の防衛に協力をしないという大きな間違いを犯した」と非難した。

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです