メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

IT企業の国防を巡る確執=パロアルトインサイトCEO・石角友愛

 米ペイパル創業者で、フェイスブックの取締役も務めるシリコンバレーの著名投資家ピーター・ティール氏は政治的な発言も積極的に行い、2016年の米大統領選ではトランプ氏を支持したことで知られている。

 そのティール氏が先日、ある会合の基調講演で「グーグルは中国で人工知能(AI)を開発して中国政府のスパイ活動に協力をしているので、連邦捜査局(FBI)や中央情報局(CIA)は調査をすべきだ」という趣旨の発言をしたことが話題になっている。トランプ大統領もその発言を基に、グーグルへの調査を開始すると宣言した。

 グーグルは昨年、米国防総省にAIを提供しないことを決めたばかり。画像認識などの技術が武器に使われる…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです