メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

中露、日米韓を試す 竹島・東シナ海、空軍共同飛行

 島根県・竹島(韓国名・独島)周辺で「領空侵犯」したとして韓国軍の警告射撃を受けたロシア軍機は、中露両空軍の共同飛行の一環でこの空域を通過しており、中露の意図に注目が集まっている。一方、関係悪化が続く日韓には、安全保障面での米国を含めた3カ国連携の重要性を改めて突きつけた形だ。

 ロシア国防省は23日に出した声明で、竹島を含めた今回の飛行について「中国軍機と初めての合同パトロールだった」と明かした上で、中露の戦略爆撃機4機と空中警戒管制機2機などが参加し、11時間をかけ約9000キロを飛行したと説明した。24日記者会見した中国国防省の呉謙報道官も「中露両空軍は北東アジア地域で初めて共同で戦略的な巡航を実施した」と指摘した。

 中露双方が「初めて」だと強調する長距離の共同飛行の狙いについて、防衛省関係者は「中露が連携して航空機を運用できることを米国や日本など周辺国に見せつける意図があった」と見る。外務省幹部も「緊密な関係を誇示し、米国をけん制する狙い」と分析した。

この記事は有料記事です。

残り2242文字(全文2677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです