メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第78期名人戦A級順位戦 羽生善治九段-佐藤天彦九段 第5局の1

新たな幕開け

 梅雨入りした東京の空を曇天が覆う。天気予報は曇り時々晴れ。千駄ケ谷駅から将棋会館まで歩いているうちにじんわりと汗がにじんでくる。

 第78期A級順位戦が幕を開けた。名人位を失い、4期ぶりの参加となる佐藤。白星での再スタートとなるだろうか。

 特別対局室に羽生が姿を見せた。「よいしょ」と小さく呟(つぶや)きながら飲み物をお盆に並べていく。上座に着く際、足を気にかけるような間があった。アキレス腱(けん)炎・アキレス腱付着部症を患っており、現在は対症療法で経過観察中とのこと。事前に申し出はなかったが、控室では椅子対局の前例や実施についての会話が交わされていた。

 定刻まであと4分。佐藤が入室し、羽生が駒箱に手を伸ばす。一瞬佐藤を見やり、ゆっくりと箱を開けた。厳…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文756文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  2. 「助けて…」用水路で流される80代女性救助 女子高生に感謝状 愛媛・新居浜

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  5. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです