メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「処理水海洋放出に17年」専門家が試算 トリチウム薄め

東京電力福島第1原発の敷地内に林立する処理水の貯蔵タンク=福島県で2018年7月、本社ヘリから三留理男撮影

 廃炉作業中の東京電力福島第1原発にたまる汚染処理水を、仮に既存設備で海洋放出したら何年かかるか--。専門家がそんな試算をしたところ、約17年との結果が得られた。経済産業省は来月にも有識者小委員会で処理水の処分方法の議論を再開するが、専門家は「冷静かつ早急な議論に生かしてほしい」と話す。

 日本原子力学会で福島第1原発廃炉検討委員会の委員長を務める宮野広・法政大客員教授(原子力工学)が試算した。

 構内の設備は東日本大震災の津波と原発事故で大きな損傷を受けており、宮野氏は5、6号機に各3台あり稼働可能な「補助冷却水海水ポンプ」に注目。原発の機器を冷やすために海水をくみ上げる設備で、1時間当たり5号機で1台1800トン、6号機で同2800トン処理できる。

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 非接触で商品受け取り 「新様式」イオン開業 埼玉・上尾に4日

  2. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  3. 降灰対策に本腰 富士山大噴火想定 回収方法など検討 山梨・富士吉田市

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです