メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS細胞

動物体内でヒト臓器、東大の研究了承 国が初

 文部科学省の専門委員会は24日、東京大の中内啓光(ひろみつ)特任教授らの研究チームが計画している、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使ってマウスとラットの体内でヒトの臓器を作る研究の実施を了承した。正常に臓器ができる見通しが立てば、将来はブタなど大型動物で臓器を作り、移植医療に役立てることを目指す。国が動物の体内でヒトの臓器を作る研究を認めるのは初めて。

 計画では、遺伝子改変して膵臓(すいぞう)や腎臓、肝臓などの臓器ができないようにしたマウスとラットの…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. 駐日アフガン大使、涙声で「アフガンの偉大な友人で英雄です」 中村哲医師のお別れ会に5000人

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです