メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

自宅で愛犬さっぱり、清潔に

犬の顔を斜め45度に上げるとシャンプーが目に入らない。浴槽の壁面に吸盤ではりつける皿があれば、ペースト状のおやつを塗ることができる=東京都墨田区の「AHBASE」で

 高温多湿の夏は、人間と同じように犬も皮膚病にかかりやすい。定期的なシャンプーは予防に有効だが、間違ったやり方では愛犬にストレスを与えてしまう。自宅でシャンプーする際の注意点をまとめた。

 ●病気の早期発見に

 「シャンプーで定期的に体をチェックすることで、病気の早期発見につながる。ワンちゃんも、慣れた自宅で飼い主にやってもらう方がうれしいはずなので、正しいやり方を覚えてください」

 5月下旬、東京都墨田区の「AHBASE」であったシャンプーセミナーで、ドッグトレーナーの大久保羽純(はずみ)さんが参加者に呼びかけた。犬の皮膚は人間の5分の1程度と薄く、デリケートなのだという。ペットの健康保険を手がける「アニコム損害保険」(東京都新宿区)がペット保険の契約者を対象に昨年実施した調査によると、犬を飼う費用のうち一番高額だったのは、けがや病気の治療費。中でも皮膚疾患の保険金請求割合…

この記事は有料記事です。

残り976文字(全文1366文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです