メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

開幕まで1年 各地で催し

フェンシングの競技体験をするIOCのバッハ会長(手前右)=代表撮影

 24日で開幕まで1年になった東京五輪を盛り上げようと、東京都内では五輪で実施される競技の体験イベントが開かれたほか、大会を啓発するラッピングバスが走った。今後は8月に観戦チケットの第1回再販売(セカンドチャンス)を行うほか、大会成功の鍵を握るボランティアの研修も本格化。11月には主会場となる新国立競技場が完成し、真夏の祭典に向けた準備が進む。

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1166文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです