メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校総体

開催費、ネットで募集へ

 全国高校体育連盟(全国高体連)は24日、東北から九州の21府県で分散開催する2020年夏の全国高校総合体育大会(インターハイ)の開催経費が不足しているとして、初めてインターネット上で寄付を募るクラウドファンディングを行うと発表した。期間は25日から10月23日までの約3カ月間で、目標額は4000万円。

 20年夏の大会は当初北関東各県を中心に実施予定だったが、東京五輪・パラリンピックの影響で競技会場や選手らの宿泊施設の確保が困難となり、異例の広域開催を余儀なくされた。予算確保のために特別基金を設置したものの、目標の総額7億円を大幅に下回る約5000万円しか集まらず、資金不足が深刻化したという。全国高体連事務局は「高校生のアスリートの出場機会が奪われてしまうことだけは避けたい」と訴え、支援を呼びか…

この記事は有料記事です。

残り51文字(全文403文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 国際線運休で帰れない…関西のベトナム人技能実習生、生活困窮深刻に

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです