メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伝えたい東京へ

五輪開幕まで1年 負けて知った成長 レスリング五輪3連覇・吉田沙保里さん(36)

インタビューに答える吉田沙保里さん=東京都港区で2019年7月11日、丸山博撮影

 女子レスリングで2004年アテネ、08年北京、12年ロンドンと五輪3連覇を果たした吉田沙保里さん(36)が現役引退を表明して半年。レスリング王国を支えてきた吉田さんが激闘の日々を振り返り、来年の東京五輪への思いを語った。【聞き手・仁瓶和弥】

 <日本選手団の旗手を務めたロンドン五輪は大会が始まっても不調で、初めて夜眠れない経験をした>

 タックルが決まらなかったり、スパーリングで後輩に負けたり。「旗手を務めた人はみんなこうなるのか」と思い、自分を追いつめていました。でも、気持ちがグッと変わる瞬間があったんです。

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1082文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです