メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンセン病

家族訴訟 首相謝罪 補償法整備、今秋国会で 人生に大変な苦難、深くおわび

 ハンセン病元患者家族への賠償を国に命じた熊本地裁判決(6月28日)を巡り、安倍晋三首相は24日、訴訟の原告らと首相官邸で初めて面会した。首相は「長い間、大切な人生において大変な苦難を強いることになってしまった。政府を代表して心から深くおわびする」と謝罪し、新たな補償のための立法措置を講じる意向を表明した。政府と国会は秋の臨時国会を目指し、元患者の名誉回復をうたったハンセン病問題基本法の改正と、補償の具体策を定めた法整備を急ぐ。

 面会は約30分。原告団長の林力(はやしちから)さん(94)は「家族を隠し続ける苦しみを想像してほし…

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文830文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです