メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

備前焼の変遷、150点でたどる 萩美術館・浦上記念館

[PR]

 山口県萩市の県立萩美術館・浦上記念館で開催中の「The備前-土と炎から生まれる造形美-」(毎日新聞社など主催)。室町時代から現代までの約150点で備前焼の変遷をたどる。

     壺(つぼ)や花器、茶碗(ちゃわん)などが多い中、古くからの特性を踏まえつつ、新たな表現を求めた現代作品にも注目だ。島村光さん(76)は動物や身近な景色をモチーフにした細工物を多く手がけている。窯の煙突から上がる煙を表現した「煙」は、実際に煙りが出るように作られた香炉で、使う楽しみも兼ねている。

     9月1日まで。8月5日と19日は休館。一般1000円▽学生と70歳以上800円▽18歳以下無料。同館0838・24・2400。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

    3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

    4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

    5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです