特集

日米地位協定

在日米軍に対する特別待遇を定め、さまざまな問題を生む元凶ともされる日米地位協定。見直しを求める声が広がっています。

特集一覧

米軍機事故で、地元警察などが現場に立ち入りで合意 ガイドライン見直し

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 日米両政府は25日、在日米軍基地の外で起きた米軍機事故の際の双方の初動対応を定めた「軍用航空機事故に関するガイドライン(指針)」を改正し、地元警察や消防の代表者が事故現場に迅速に立ち入ることができる規定を盛り込んだ。ただ、従来通り米側の同意が必要で、実効性に不透明さは残る。

 指針では日本の消防や警察が事故現場周辺に日米が設置した「制限区域」内に立ち入るには、米側の同意が必要と定めている。しかし、2017年に沖縄県東村の…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

【日米地位協定】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集