「熱中症」搬送者数予測の仕組み開発 名工大など

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
高齢者の熱中症の搬送者数を予測する仕組みを開発した名古屋工業大の平田晃正教授=名古屋市昭和区の名古屋工業大で2019年7月17日、細川貴代撮影
高齢者の熱中症の搬送者数を予測する仕組みを開発した名古屋工業大の平田晃正教授=名古屋市昭和区の名古屋工業大で2019年7月17日、細川貴代撮影

 気象データと発汗量の推計値などを用いた計算式で、県ごとの高齢者の熱中症搬送者数を予測できる仕組みを、名古屋工業大と東北大の研究グループが開発した。分析の結果、高齢者の熱中症リスクは、当日の気温だけでなく連続した3日間の暑さが影響することも明らかになった。

 名工大の平田晃正教授(医用工学)によると、研究グループは東京都、大阪府、愛知県の3都府県の2013~18年の1日の平均気温などの気象データと、スーパーコンピューターの大規模シミュレーションで得た1日の発汗量の推計値などを用い…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

あわせて読みたい

注目の特集