メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鹿児島・奄美で希少動植物の違法採取相次ぐ 国や自治体、対策強化

希少動植物の採取や盗掘を防ぐため休日の山中を巡回するパトロール員=鹿児島県奄美大島で、神田和明撮影

 鹿児島県の奄美大島で絶滅の恐れがある希少動植物の違法採取が相次いでいる問題で、環境省や地元市町村が山中のパトロールを強化するなど対策に本腰を入れている。奄美大島は沖縄県の西表島などと共に政府が世界自然遺産の推薦候補に決定。島固有の希少動植物が数多く生息する生物多様性も推薦理由だけに、島外への違法な持ち出しを防ごうと監視の網を広げる。【神田和明】

 今月8日、同県奄美市の奄美空港であった持ち出し防止研修会で、環境省・奄美群島国立公園管理事務所の千葉康人・世界自然遺産調整専門官が「奄美では希少種の持ち出しがなくならない状況だ」と現状を訴えた。出席した航空会社の手荷物検査係ら約40人は真剣な表情で耳を傾けた。

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文982文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです