メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アクセス

反社会的勢力のデータベース運用開始へ 危機管理コンサル会社が構築 「日本最大級」とPR

記者会見でボードを使って説明する吉本興業の岡本昭彦社長。イベントのスポンサーの1社が反社会的勢力とつながっていたが、見抜けなかったという=東京都新宿区で2019年7月22日午後3時32分、手塚耕一郎撮影

 企業の危機管理コンサルティング会社「エス・ピー・ネットワーク」(東京)は8月5日から、会員企業向けに取引先が暴力団などの反社会的勢力と関係がないかをチェックする「日本最大級」(同社)のデータベース(DB)の運用を始める。1960年からの新聞記事に加え、インターネット上の情報を基に企業の判断を手助けする。吉本興業所属の芸人が反社会的勢力の会合に出席し、謝礼を受け取った問題などが注目される中、同社は「反社会的勢力は拡大、不透明化しているので、チェックはより重要になっている」と話している。【山口朋辰/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1161文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

山口朋辰

1979年横浜市生まれ。神奈川新聞社を経て2004年入社。神戸支局、豊岡支局、大阪社会部、中部報道部を経て、19年春から統合デジタル取材センター。世の中の喜怒哀楽を発信していきます。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  4. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

  5. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです