メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京マラソン、一般参加取りやめ 新型肺炎拡大受け

「単独親権制度は憲法違反」市民団体が国家賠償集団訴訟へ

単独親権制度を定めた民法は違憲だとして集団訴訟する方針を表明し、思いを語る原告ら=東京都千代田区で2019年7月25日午後2時50分ごろ、蒔田備憲撮影

 離婚後に父母の一方だけに親権を認める民法の「単独親権制度」は人格権を保障した憲法に違反するなどとして、市民団体が25日、東京都内で記者会見し、国家賠償を求める集団訴訟を起こす意向を表明した。10月にも東京地裁に提訴する予定。単独親権の違憲性を巡る集団訴訟は初めてという。

 市民団体は「共同親権運動・国家賠償請求訴訟を進める会」…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  4. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  5. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです