「単独親権制度は憲法違反」市民団体が国家賠償集団訴訟へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
単独親権制度を定めた民法は違憲だとして集団訴訟する方針を表明し、思いを語る原告ら=東京都千代田区で2019年7月25日午後2時50分ごろ、蒔田備憲撮影
単独親権制度を定めた民法は違憲だとして集団訴訟する方針を表明し、思いを語る原告ら=東京都千代田区で2019年7月25日午後2時50分ごろ、蒔田備憲撮影

 離婚後に父母の一方だけに親権を認める民法の「単独親権制度」は人格権を保障した憲法に違反するなどとして、市民団体が25日、東京都内で記者会見し、国家賠償を求める集団訴訟を起こす意向を表明した。10月にも東京地裁に提訴する予定。単独親権の違憲性を巡る集団訴訟は初めてという。

 市民団体は「共同親権運動・国家賠償請求訴訟を進める会」…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

あわせて読みたい

注目の特集