特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。日本も新たな目標を設定。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

炭素税導入 割れる賛否 課題山積 環境省・有識者会議

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
炭素税や排出量取引
炭素税や排出量取引

 地球温暖化対策として、二酸化炭素(CO2)の排出量に応じて企業や消費者に経済的な負担を求める「カーボンプライシング」(炭素の価格付け)について、環境省の有識者会議は25日、活用の可能性を巡る議論の中間整理をした。委員の意見は推進派と慎重派で相違が際立ち、導入に向けて山積する課題が浮き彫りとなった。

 有識者会議は来年始まる温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」に向け、温室効果ガス削減策としてのカーボンプライシングを検討するため、学識者や環境団体、産業界などの関係者を委員にして昨年7月に発足した。

 カーボンプライシングには炭素税や排出量取引がある。

この記事は有料記事です。

残り925文字(全文1199文字)

【気候変動】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集