メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ビジネスサロン

外国人向け災害情報を強化 佐々木近畿総合通信局長

近畿総合通信局の佐々木祐二局長=大阪市中央区で2019年7月25日午後2時48分、杉山雄飛撮影

 「災害時、外国人も簡単な方法で情報が得られるようにしたい」

 訪日観光客が増える近畿地方の通信行政トップに5日付で着任した佐々木祐二近畿総合通信局長(55)は意気込む。昨年の大阪北部地震などを念頭に「通信が機能しないと人命救助や被災後の生活が維持できない」と災害への危機感を抱く。今後、同通信局が開発を主導した多言語で避難場所などを知らせるスマートフォンアプリの実用化も目指す…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです