メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

この国はどこへ これだけは言いたい 作家・渡辺一枝さん・74歳 強いことはいいことか

渡辺一枝さん=東京都千代田区で2019年7月18日、山下浩一撮影

 りんとした表情にソフトな語り口が印象的だ。着物姿で現れた作家の渡辺一枝さん(74)は、これまで何度もチベットを訪れてきた。延べ滞在日数は3~4年に上る。1987年、それまで18年間務めた保育士を辞めて初めてチベットへ旅立つときには、夫で作家の椎名誠さんから「えっ、本当に行くの? 頼むから行かないで」と泣きつかれたという。なぜチベットなのか? そう尋ねると、旧満州(現中国東北部)で帰らぬ人となった父親の話になった。

 渡辺さんは45年1月、旧満州ハルビンで生まれた。父親は現地で軍隊に召集され、敗戦直後、行方不明にな…

この記事は有料記事です。

残り2971文字(全文3230文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. 健康食品か医薬品か 駄菓子かおまけ付きか…軽減税率、対応に苦心

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです