メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
農and食

静内農業高校 馬を通して児童と交流 /北海道

 「優駿(ゆうしゅん)の里」として知られる新ひだか町(旧・静内町)にある静内農業高校(志賀聡校長)。生産科学科には全国の高校で唯一、サラブレッドの育成を生産から総合的に学べる「馬コース」がある。サラブレッドの繁殖や飼育、調教、乗馬、競り上場などに関する知識を蓄え、技術を磨くカリキュラム編成だ。

 年に数回、地元の小学校や養護学校の児童生徒を乗馬体験に招待。昨年度からは馬産地産業の担い手づくりを目指す町主催のプログラム「ひだかうまキッズ探検隊」の運営にも協力し、地域に貢献している。

 7月中旬、探検隊の小学生16人が、同校の1日体験入学に参加した。最初の授業は馬房掃除。児童たちは、…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文673文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです