メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

津波で流失、鳥居を再建 南三陸・荒島 /宮城

前の鳥居の根元部分(右端)を残して再建された荒嶋神社の鳥居=宮城県南三陸町で

 南三陸町の志津川湾に浮かぶ荒島で、東日本大震災の津波で流失した荒嶋神社の鳥居が8年4カ月ぶりに再建された。地元の若手氏子らが寄付金を募り、完成させた。

 荒島は歩道で歩いて渡ることができ、震災前、島の入り口には高さ約10メートルの鉄筋コンクリート製の鳥居があった。震災の津波で流され、根元部分だけが残った。震災後、隣の海水浴場…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  2. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  3. 「容体は安定」症状あった帰国者5人の受け入れ病院が会見 新型肺炎

  4. 帰国者の今後 症状ない人もウイルス検査へ 検疫体制さらに特別対応

  5. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです