メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

ベラルーシ新体操事前合宿 練習も、交流も全力 白石、柴田 /宮城

練習に励むベラルーシの女子新体操選手たち=宮城県柴田町の仙台大で

 2020年東京五輪の開幕まであと1年と迫る中、ベラルーシの女子新体操ナショナルチームが、東京五輪・パラリンピックのホストタウンの白石市や柴田町で事前合宿を行っている。選手たちは真剣な表情で練習に取り組みつつ、地元住民とも交流し、公開演技会を予定している。

 「SAKURA CAMP」と題された事前合宿は今年で3回目。選手やコーチら総勢18人で24日に来日し、8月3日まで滞在する予定。同じくホストタウンの東京都立川市でも練習す…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 視聴室 世界を変えた女の子

  5. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです