メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東北・母校をたずねる

福島県立磐城高/8 指揮者・小林研一郎さん/下 多様な経験、音楽の礎に /福島

小林研一郎さん=東京都杉並区で、丸山博撮影

小林研一郎さん=1958年度卒

 作曲家を志しながら、進学校の福島県立磐城高に進んだ小林研一郎さん(79)=1958年度卒=ですが、その後歩む指揮者の道への布石ともなるさまざまな経験を高校で得たそうです。後編では「炎のマエストロ」誕生につながる学生時代を振り返ります。【乾達】

 人生というのは、自分の上に乗りかかりながら、さまざまな方向を示すのです。僕の場合、街角を曲がったところにいつも女神がいて、「こっちだよ」と示唆してくれました。戦争の中での音楽との出合いに始まり、磐高に進んだお陰で音楽以外のさまざまな経験もしました。その一つ一つが、僕が音楽に取り組むエネルギーの礎になっています。

 磐高では音楽ではなく、美術を学ぶクラスに割り振られました。成績は「秀」で絵の腕前もよく、音楽の表現…

この記事は有料記事です。

残り1646文字(全文1990文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです