メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東北・母校をたずねる

福島県立磐城高/8 指揮者・小林研一郎さん/下 多様な経験、音楽の礎に /福島

小林研一郎さん=東京都杉並区で、丸山博撮影

小林研一郎さん=1958年度卒

 作曲家を志しながら、進学校の福島県立磐城高に進んだ小林研一郎さん(79)=1958年度卒=ですが、その後歩む指揮者の道への布石ともなるさまざまな経験を高校で得たそうです。後編では「炎のマエストロ」誕生につながる学生時代を振り返ります。【乾達】

 人生というのは、自分の上に乗りかかりながら、さまざまな方向を示すのです。僕の場合、街角を曲がったところにいつも女神がいて、「こっちだよ」と示唆してくれました。戦争の中での音楽との出合いに始まり、磐高に進んだお陰で音楽以外のさまざまな経験もしました。その一つ一つが、僕が音楽に取り組むエネルギーの礎になっています。

 磐高では音楽ではなく、美術を学ぶクラスに割り振られました。成績は「秀」で絵の腕前もよく、音楽の表現にもつながったと思います。科目ごとに際立った生徒がいて先生とやり合い、授業はエキサイトしていました。優秀な生徒が思い思いに自分の道を探りながら、目を輝かせていました。そうしたいろいろな生き様のエキスを吸えたのが、一番の収穫でした。

この記事は有料記事です。

残り1531文字(全文1990文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです