メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 区立熊谷守一美術館(東京都豊島区) 画風の変化感じる展示 /東京

住宅街に溶け込むように建つ美術館。熊谷守一のレリーフなども飾られ、建物自体が一つの美術作品のようだ=東京都豊島区で

 地下鉄要町駅で降り、住宅街に向かう。いくつかの小さな案内板に導かれて10分ほど歩くと、あか抜けたコンクリートの建物が見えてきた。画家、熊谷守一(1880~1977年)が1932年から暮らした自宅の跡地に建つ美術館だ。岐阜で生まれ、自然を愛した熊谷が晩年長く過ごした場所。多くの作品を生んだ庭は今はないが、3階建ての建物より高いケヤキの木は残されている。

 85年、次女で館長の榧(かや)さん(90)が開館させた。2007年に豊島区立となった。油彩や墨絵、…

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文739文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです