メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それぞれの3年

相模原殺傷事件/上 「自立」目標、園外で訓練 再建心待ちにする家族も /神奈川

「アイスがいい!」と話し、ストロベリーソフトクリームを頼んだ尾野一矢さん(右)。隣は大坪さん=横浜市戸塚区で

 2016年7月に相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害され、職員を含む27人が負傷した事件で、重傷を負った尾野一矢さん(46)は今、施設の外に出て自立生活を送ることを目標に歩み出している。

 今月17日、一矢さんは横浜市戸塚区のファミリーレストランを訪れた。隣にはヘルパーの大坪寧樹さんがいる。大坪さんに「何が食べたい?」と聞かれ、一矢さんは悩みながらハンバーグの写真を指さした。両親は離れた席から、そっと様子を見守った。

 最大24時間、ホームヘルパーの支援を受けながら1人で暮らす。一矢さんはこうした自立生活を目指している。介護保険制度の「重度訪問介護」サービスを利用するものだが、全国的にも実現例はまだ少ない。それでも、昨年8月から週に1度、大坪さんと交流を重ね、2人で園の外に出かける訓練を進めている。

この記事は有料記事です。

残り867文字(全文1232文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです