メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長岡まつり大花火大会

券販売で混乱 希望者買えず、財団が謝罪 /新潟

窓口販売の前日から購入希望の列をつくる市民ら=アオーレ長岡で

 長岡まつり大花火大会(8月2、3日開催)の有料チケットの窓口販売に希望者が殺到して多くの人が購入できなかった問題があり、主催する長岡花火財団(理事長=高見真二長岡市副市長)が25日謝罪し、来年は窓口販売を行わないと発表した。

 今年の開催日は金、土曜という観覧しやすい曜日並び。両日とも例年より1~2万人多い、2日は51万~52万人、3日は53万~54万人と過去最大の人出が見込まれる。有料チケット購入希望者は昨年の1・6倍に上り、売れ行きが好調だった。

 花火が見やすく人気がある升席、ベンチ席などは抽選で販売している。財団は抽選販売のキャンセル分を、6…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです