メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長岡まつり大花火大会

券販売で混乱 希望者買えず、財団が謝罪 /新潟

窓口販売の前日から購入希望の列をつくる市民ら=アオーレ長岡で

 長岡まつり大花火大会(8月2、3日開催)の有料チケットの窓口販売に希望者が殺到して多くの人が購入できなかった問題があり、主催する長岡花火財団(理事長=高見真二長岡市副市長)が25日謝罪し、来年は窓口販売を行わないと発表した。

 今年の開催日は金、土曜という観覧しやすい曜日並び。両日とも例年より1~2万人多い、2日は51万~52万人、3日は53万~54万人と過去最大の人出が見込まれる。有料チケット購入希望者は昨年の1・6倍に上り、売れ行きが好調だった。

 花火が見やすく人気がある升席、ベンチ席などは抽選で販売している。財団は抽選販売のキャンセル分を、6…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです