特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第101回全国高校野球

愛知大会 中京大中京4強 誉、桜丘は競り勝つ /愛知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【星城-誉】五回裏誉1死三塁、手塚の左犠飛で本塁に滑り込む松田=愛知県小牧市の小牧球場で
【星城-誉】五回裏誉1死三塁、手塚の左犠飛で本塁に滑り込む松田=愛知県小牧市の小牧球場で

豊川と至学館は雨天ノーゲーム きょう再戦

 第101回全国高校野球選手権愛知大会(県高校野球連盟など主催)は25日、岡崎市民球場などで準々決勝3試合を行い、3チームの4強入りが決まった。豊川と至学館の試合は六回雨天ノーゲームとなり、26日に再戦する。

 中京大中京は少ない好機に着実に加点し、昨夏の東愛知代表・愛産大三河に零封勝ち。愛工大名電を破った誉は、先発左腕・杉本恭一投手(3年)が要所を締める投球で、東邦、享栄を降した星城に競り勝った。桜丘は最終回のピンチをしのぎ、34年ぶり8強入りの安城東を逆転で降した。

 順調に進めば準決勝は28日、決勝は29日にそれぞれ岡崎市民球場で行われる。【三浦研吾】

この記事は有料記事です。

残り943文字(全文1243文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る