鳴門市クリーンセンター

排ガス有害物質濃度 基準値超え、表示せず 市「メーカー独断で設定」 /徳島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
市クリーンセンターの入り口では、排出する有害物質の濃度を表示しているが、正しく表示しないよう設定されていた=徳島県鳴門市瀬戸町で、松山文音撮影
市クリーンセンターの入り口では、排出する有害物質の濃度を表示しているが、正しく表示しないよう設定されていた=徳島県鳴門市瀬戸町で、松山文音撮影

 鳴門市クリーンセンター(同市瀬戸町堂浦)のごみ焼却炉から出る排ガスを巡り、有害物質の濃度表示が国基準値を超えないよう、2008年4月の操業開始当初から設定されていたことが市への取材で分かった。メーカーの三機工業(東京)が独断で設定した可能性もあるが、市は本当に知らなかったのか、地元住民の間で不信感が募っている。【松山文音】

この記事は有料記事です。

残り957文字(全文1120文字)

あわせて読みたい

ニュース特集