メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学芸記者の文学碑散歩

詩人・志摩海夫 市立大蔵小前(八幡東区) 詩壇率いた製鉄マン /福岡

 ふるさとの 山は蒼かり/ふるさとの 海は青か里/響灘 あをし

 詩誌「未来樹」を主宰した志摩海夫の文学碑は大蔵河畔に建つ。1994年11月の除幕式には200人を超す人々が参列し、水野勲・元八幡製鉄所長(故人)の姿もあった。大蔵は往時の製鉄所社宅密集地で、父や兄弟と製鉄に勤めた志摩も、長く暮らしたこの地を深く愛した。

 尾倉高等小から進んだ旧制小倉工業機械科の同級生に八田秀吉がいた。後の作家、岩下俊作である。2人はす…

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文929文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです