メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

日産、1.2万人リストラへ 「脱ゴーン」難局 拡大路線、過剰能力200万台

決算発表の記者会見でリストラ策を発表した日産自動車の西川広人社長=横浜市西区で2019年7月25日、梅村直承撮影

 日産自動車が25日、グループ従業員の約1割に当たる1万2500人超の人員削減に踏み切ることを決めたのは、米国や欧州での売り上げが縮小して、カルロス・ゴーン前会長が進めた拡大路線によって世界中に抱える過剰な生産設備や人員を支えきれなくなったためだ。カリスマ経営者が去った後の新体制は、経営の立て直しに向けて厳しい局面を迎えている。【小坂剛志、和田憲二】

 「米国のブレーキや欧州(の不振)で売上高や販売台数が停滞している」。横浜市の本社で記者会見した西川広人社長は、今後の業績立て直しに向けて、米欧市場での苦戦が足を引っ張りかねないとの認識を示した。

この記事は有料記事です。

残り1782文字(全文2056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  2. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  5. 東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです