メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

日産、1.2万人リストラへ 「脱ゴーン」難局 拡大路線、過剰能力200万台

決算発表の記者会見でリストラ策を発表した日産自動車の西川広人社長=横浜市西区で2019年7月25日、梅村直承撮影

 日産自動車が25日、グループ従業員の約1割に当たる1万2500人超の人員削減に踏み切ることを決めたのは、米国や欧州での売り上げが縮小して、カルロス・ゴーン前会長が進めた拡大路線によって世界中に抱える過剰な生産設備や人員を支えきれなくなったためだ。カリスマ経営者が去った後の新体制は、経営の立て直しに向けて厳しい局面を迎えている。【小坂剛志、和田憲二】

 「米国のブレーキや欧州(の不振)で売上高や販売台数が停滞している」。横浜市の本社で記者会見した西川…

この記事は有料記事です。

残り1830文字(全文2056文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです