メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

国会バリアフリー 障害者参加、参院模索

初登院時に想定される動線

 参院選で「れいわ新選組」から初当選した重度の身体障害のある舩後(ふなご)靖彦(61)、木村英子(54)両氏が円滑な議会活動ができるよう、国会のバリアフリー化の方針が決まった。特に、舩後氏は難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者で、体が自由に動かせない。国会の動きは、難病に対する国民の理解や患者の社会参加促進のきっかけとなることが期待される。

 8月1日の臨時国会召集まで1週間と迫った25日の参院議院運営委員会理事会は、国会のバリアフリー化に…

この記事は有料記事です。

残り3012文字(全文3234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. “下町リチウムイオン電池” 「おもろそうや」と無名時代の吉野さん支えた製作所

  4. 被告、声を詰まらせ謝罪 遺族は厳しい視線 「全く伝わらなかった」 大津園児死傷事故・被告人質問

  5. 「怒りどこにやったら…」被害者遺族が陳述 大津園児死傷事故、被告に禁錮5年6月求刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです