メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

国会バリアフリー 障害者参加、参院模索

初登院時に想定される動線

 参院選で「れいわ新選組」から初当選した重度の身体障害のある舩後(ふなご)靖彦(61)、木村英子(54)両氏が円滑な議会活動ができるよう、国会のバリアフリー化の方針が決まった。特に、舩後氏は難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者で、体が自由に動かせない。国会の動きは、難病に対する国民の理解や患者の社会参加促進のきっかけとなることが期待される。

 8月1日の臨時国会召集まで1週間と迫った25日の参院議院運営委員会理事会は、国会のバリアフリー化に関する17項目に合意した。理事会終了後に記者会見した末松信介委員長は「100%円滑に議員活動ができるよう努力することで全員の意見が一致した」と述べ、障害のある議員のサポートに与野党の議員が協力する考えを強調した。

この記事は有料記事です。

残り2906文字(全文3234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  5. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです