メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

ブレグジットの行方

 英国の新首相にボリス・ジョンソン氏(55)が就任した。同国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を強硬に訴え、与党・保守党の党首選を勝ち抜いた。「合意なき離脱も辞さない」と公言する。ブレグジットを決めた国民投票から3年余。EUとの協議期限が10月末に迫る中、混迷する離脱騒動はどこへ向かうのか。

新たな合意は非現実的だ ウィリアム・ホースリー 元BBC記者

 ボリス・ジョンソン氏が与党の保守党員から支持を得たのは、強引かつ陽気な性格と卓越したコミュニケーシ…

この記事は有料記事です。

残り4283文字(全文4511文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです