メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

香港デモを歩いて 出口見えぬ若者らの闘い=福岡静哉(台北支局)

幹線道路が市民で埋め尽くされた大規模デモ=香港・金鐘で6月16日、福岡静哉撮影

 香港から刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡せる「逃亡犯条例」改正の動きは、香港史上最大とも言える大規模デモによって食い止められた。だが、「1国2制度」という名のもとに香港政治を事実上統制下に置く中国政府から、最終的に民主主義を勝ち取るのは極めて難しい。この厳しい現実の中で、香港市民は今もデモを続けている。

この記事は有料記事です。

残り1883文字(全文2037文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 道端アンジェリカさん、恐喝容疑で書類送検 逮捕の夫と同席

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです