メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

香港デモを歩いて 出口見えぬ若者らの闘い=福岡静哉(台北支局)

幹線道路が市民で埋め尽くされた大規模デモ=香港・金鐘で6月16日、福岡静哉撮影

 香港から刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡せる「逃亡犯条例」改正の動きは、香港史上最大とも言える大規模デモによって食い止められた。だが、「1国2制度」という名のもとに香港政治を事実上統制下に置く中国政府から、最終的に民主主義を勝ち取るのは極めて難しい。この厳しい現実の中で、香港市民は今もデモを続けている。

この記事は有料記事です。

残り1883文字(全文2037文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです