メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

新政権が初閣議 「EU離脱、重大任務」 強硬派登用

初めての閣議に臨んだジョンソン首相(中央)=英ロンドンで2019年7月25日、AP

 24日に就任した英国のジョンソン首相は同日、組閣を行い、主要閣僚ポストや首相上席顧問を欧州連合(EU)に批判的な「反EU派」で固めた。離脱強硬派を登用した新政権は、経済の混乱が予測される「合意なき離脱」も辞さない姿勢で、EUとの交渉に強気で臨みそうだ。

 新政権は25日午前、初閣議を開催。ジョンソン氏は閣僚らに「我々の目の前にあるのは、極めて重大な任務だ。我々は(離脱期限の)10月31日までにはEUを離脱する。言い訳なしにだ」と改めて、期限内の離脱の意向を強調した。その後、下院での初演説でも「この国を地上で最も偉大な場所にするために」などと述べ期限内の離脱を主張し、合意なき離脱への準備を強化すると…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  5. 世界最高更新「期待に応えられるよう、いい演技を」NHK杯前日会見・羽生一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです