メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

炭素税導入、割れる賛否 地球温暖化対策、切り札なるか 有識者会議・中間整理

炭素税、排出量取引導入における分布図

 地球温暖化対策として、二酸化炭素(CO2)の排出量に応じて企業や消費者に経済的な負担を求める「カーボンプライシング」(炭素の価格付け)について、環境省の有識者会議は25日、活用の可能性を巡る議論の中間整理をした。委員の意見は推進派と慎重派で相違が際立ち、導入に向けて山積する課題が浮き彫りとなった。

 有識者会議は来年始まる温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」に向け、温室効果ガス削減策としてのカーボンプライシングを検討するため、学識者や環境団体、産業界などの関係者を委員にして昨年7月に発足した。

 カーボンプライシングには炭素税や排出量取引がある。

この記事は有料記事です。

残り1760文字(全文2034文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  2. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです