メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

ウソとコンプライアンス=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

 生まれてから一度もウソをついたことがないという人は、果たしているのだろうか。特に子どもの頃は、身を守るために軽くウソを言ってしまいがちだ。

 「あれ、ここにあったお菓子、あなた食べた?」「ううん、食べてない」。「テスト、返ってきた?」「まだだよ」。「なんで遅刻したの!」「ええっと、道ばたに困っているおばあさんがいて……」。こんなウソをつく度に私たちは大人に叱られ、ときには正直な姿勢をほめられたりしながら「ウソはいけない、正直はいいこと」と学んでいく。

 だが、大人になってからもウソがまったくなくなるわけでもないだろう。子どもに「サンタクロースって本当…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  2. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  5. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです