メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年度予算

社会保障費伸び5300億円 概算要求基準、今年度比700億円減

 政府の2020年度の予算編成の方向性を示す概算要求基準の概要が25日、明らかになった。高齢化の進行に伴う社会保障費の伸び(自然増)を5300億円程度とする。

 75歳以上の後期高齢者の人口の伸びが一時的に鈍化することを反映し、19年度の6000億円から700億円減らす。また、優先的に予算を配分する「特別枠」…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです