メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伝えたい東京へ

「人前で何かやる」契機に 前回聖火ランナー 落語家・三遊亭小遊三さん(72)

インタビューに答える落語家の三遊亭小遊三さん=東京都千代田区で2019年7月3日、内藤絵美撮影

 人気テレビ番組「笑点」でおなじみの落語家、三遊亭小遊三さん(72)は1964年東京五輪の聖火ランナーを務めた。「オリンピックが来る度に取材してもらえる。噺家(はなしか)になって価値が出ました」と笑う。【聞き手・仁瓶和弥】

 <山梨県立都留高3年で卓球部主将だった小遊三さんは聖火ランナーに選ばれ、同県大月市内を走った>

 聖火ランナーの第1条件が運動部のキャプテンでした。それから学力優秀、品行方正、あと顔が良いこと(笑い)。うちの学校からは卓球のほか、陸上、バスケットボール、剣道部のキャプテンが選ばれました。実は、卓球部のキャプテンは3年生がじゃんけんをして決めたんです。ですから、じゃんけんに負けていたら、聖火は持っていませんでした。

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 新型コロナ 合唱飛沫、前列へ前列へ 4人テーブル、隣の席が「最大」 理研など分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです