メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外桃田が2連覇、男子単日本初 バドミントン世界選手権
ひと

落合成紀さん=都市対抗野球大会優勝の千葉市・JFE東日本監督

優勝して選手と喜ぶ千葉市の落合監督=東京ドームで2019年7月25日、丸山博撮影

落合成紀(おちあい・しげのり)さん(37)

 試合中はピンチでも笑顔を見せた。優勝が決まると潤んだ目を腕で拭い、選手一人一人と抱き合った。令和最初の都市対抗大会覇者となり「新しい歴史のスタートだと思います」と声を弾ませたが、表彰式の後も「やっちゃったな、という感じ。フワフワしている」と驚きを味わっていた。

 2017年8月に監督就任。最初は選手に厳しさを求めたが、昨年の都市対抗は予選で敗退した。今年は「主…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文671文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  3. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  4. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  5. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです