特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

岸田派と谷垣グループ幹部が会食 合流念頭に連携確認

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
岸田文雄氏=2019年5月17日、飼手勇介撮影
岸田文雄氏=2019年5月17日、飼手勇介撮影

 自民党の岸田派と谷垣グループの幹部が26日、東京都内のホテルで会食し、連携を強化していくことで一致した。若手議員の合同勉強会を開催するほか、幹部会合を継続することも確認。合流に向けて一体感を醸成する狙いがあるとみられる。

 会食には岸田文雄政調会長、岸田派事務総長の望月義夫元環境相、谷垣グループ代表世話人の逢沢一郎元国対委員長と中谷元・元防衛相ら5人が出席した。

 岸田氏は会食後、記者団に「引き続きいろいろな形で意思疎通を図っていく」と述べ、逢沢氏は「連携を密にしてこれからの政治に当たっていこうと確認した」と語った。

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文515文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする