特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

玉木氏「改憲議論進める」発言、党内に波紋 国民副代表「誤報であること祈る」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国民民主党の玉木雄一郎代表
国民民主党の玉木雄一郎代表

 国民民主党の玉木雄一郎代表が25日のインターネット番組で「私は生まれ変わった。憲法改正議論は進めていくし、安倍晋三首相にもぶつける」と改憲論議に積極的な姿勢を示し、党内に波紋を広げた。改憲勢力ではない同党としては「勇み足」の発言とも言え、玉木氏は「従来の考え方を述べたまでだ」などと火消しに追われた。

 玉木氏はネット番組で、改憲に関して党の考えをまとめる意向も表明。「それを最終的に党首と党首として、きちんと話をさせてもらいたい」と、首相との党首会談を目指すとも受け取れる発言をした。自衛隊の存在明記など自民党の改憲4項目にも、「反対」とは明言せず「必ずしも賛成ではない」と抑制的な表現にとどめた。

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文670文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする