中国の不当な海洋調査に外務省抗議 4時間以上も警告無視

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本の排他的経済水域で、事前に認められた範囲外で調査を行う中国の海洋調査船=2019年7月25日午後4時ごろ(海上保安庁提供)
日本の排他的経済水域で、事前に認められた範囲外で調査を行う中国の海洋調査船=2019年7月25日午後4時ごろ(海上保安庁提供)

 外務省は26日、中国の海洋調査船が25日に長崎県・男女群島付近の東シナ海の排他的経済水域(EEZ、沿岸から約370キロ圏内)で、事前に日本側が認めた水域の外で活動したとして外交ルートで抗議したことを明らかにした。安倍晋三首相は6月に中国の習近平国家主席と会談した際、東シナ海での一方的な活動を自制するよう求めたが、中国側の活発な活動は続いている。

 外務省によると、海上保安庁の巡視船は25日午後3時ごろ、女島の西約120キロの海域で、中国船「業治錚」がワイヤのようなものを海中に入れているのを確認し、無線で警告した。中国船は警告を無視し、4時間以上調査を続けたうえで日中中間線の中国側に立ち去った。

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文455文字)

あわせて読みたい

注目の特集