メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

排ガス「基準超え」非表示11年 「メーカーが独自に設定」鳴門市ごみ施設

市クリーンセンターの入り口では、排出する有害物質の濃度を表示しているが、正しく表示しないよう設定されていた=鳴門市瀬戸町で2019年7月4日午後2時24分、松山文音撮影

 徳島県鳴門市クリーンセンター(同市瀬戸町堂浦)のごみ焼却炉から出る排ガスを巡り、有害物質の濃度表示が国基準値を超えないよう、2008年4月の操業開始当初から設定されていたことが市への取材で分かった。メーカーの三機工業(東京)が独断で設定した可能性もあるが、市は本当に知らなかったのか、地元住民の間で不信感が募っている。

 市によると、2基ある焼却炉は2008年4月の操業開始で、1日最大各35トンのゴミを処理できる。排ガスに含まれる窒素酸化物、硫黄酸化物、塩化水素、ばいじん、一酸化炭素の5種類の物質をセンターの煙突そばで測定し、データ(最大、最少、平均値)をまとめている。平均値の結果は、センター前の電子表示板やホームページなどで公表していた。

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1102文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政権の意思決定また不透明に 検察庁法巡り法相が約束した文書いまだ「作成中」

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです