メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上関原発・埋め立て免許の再延長 山口県が許可

上関原発の建設予定地(手前)。奥は祝島=山口県上関町で2019年5月29日、本社ヘリから徳野仁子撮影

 中国電力が山口県上関(かみのせき)町で建設を計画している上関原発を巡り、県は26日、同社が申請していた予定地の公有水面埋め立て免許の再延長を許可した。新たな期限は2023年1月6日まで。ただ、原子炉などの本体着工のめどはたっておらず、県は本体着工の見通しがつくまでは、埋め立て工事に着手しないよう要請した。

 中国電は08年10月に免許を得て、09年10月に埋め立て工事に着手したが、11年3月の東京電力福島…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文531文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  3. かべちょろ 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

  4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです