特集

公文書・法と制度

毎日新聞デジタルの「公文書・法と制度」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

令和フィーバー考

繰り返される「祭り」「忘却」という日本の病 東浩紀さん 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東浩紀さん=東京都品川区で2019年6月25日午後3時20分、待鳥航志撮影
東浩紀さん=東京都品川区で2019年6月25日午後3時20分、待鳥航志撮影

 改元から3カ月。令和Tシャツを着た人たちのお祭り騒ぎ、号外配布へ殺到する人々、令和にあやかって次々発売される商品――。あの「令和フィーバー」はどこへ行ったのだろうか。「もう元号が変わったことすら、ほとんど意識されていない感じがします」。そう語るのは批評家の東浩紀さん(48)だ。改元直前に発売された文芸誌「文芸」夏季号のエッセーで、平成を「祭りの時代だった」と総括した東さん。令和フィーバーは「極めて平成的な出来事だった」と指摘する。どういうことだろうか。【待鳥航志/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2233文字(全文2481文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集