メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「大嘗宮」敷地縮小、資材見直しで経費削減

皇居・東御苑で執り行われた大嘗宮の地鎮祭=2019年7月26日午前10時51分、長谷川直亮撮影

 天皇陛下の即位に伴って11月に行われる皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」の中心的儀式の祭場となる「大嘗宮(だいじょうきゅう)」の建設に向けた地鎮祭が26日、皇居・東御苑であった。宮内庁は経費削減のため、前回より敷地を2割強縮小し、資材の見直しなどもしている。

 主舞台の「悠紀殿(ゆきでん)」「主基殿(すきでん)」、天皇、皇后両陛下が着替えをする「廻立殿(かいりゅうでん)」の屋根はかやぶきから入手しやすい板ぶきにする。前回よ…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 無人駅、東京でも1割 障害者に支障 国、指針策定へ 国交省調査

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです