「戦争、きちんと伝わることを願う」菅田将暉さんらがあいさつ 「アルキメデスの大戦」初日

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
映画「アルキメデスの大戦」の初日舞台あいさつで、映画の船出を祝い客席にテープを投げ込む菅田将暉さん(中央)ら=東京都千代田区で2019年7月26日午後7時7分、竹内紀臣撮影
映画「アルキメデスの大戦」の初日舞台あいさつで、映画の船出を祝い客席にテープを投げ込む菅田将暉さん(中央)ら=東京都千代田区で2019年7月26日午後7時7分、竹内紀臣撮影

 太平洋戦争で沈没した戦艦「大和」の建造をめぐり、軍人同士の知略や争いを描いた映画「アルキメデスの大戦」(毎日新聞社など製作委員会)が26日、全国公開され、主演の菅田将暉さん、共演の舘ひろしさんや山崎貴監督らが東京都内で舞台あいさつを行った。

 天才数学者役の菅田さんは「映画を通じて戦争のこと、日本と…

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文320文字)

あわせて読みたい

ニュース特集